玉露のおいしい入れ方

スポンサードリンク

玉露のおいしい入れ方について

日本茶のなかでも最高級品と言われる玉露のおいしい入れ方をご存知でしょうか?

 

トロリとした甘みと濃厚な味わい、そして上品な香りを持つ玉露は、日本茶通でなくとも心惹かれるお茶の一つです。

 

ただ、それだけのおいしさを持つ玉露だからこそ、入れ方によって味も香りもガラリと変わるのです。

 

ここでは、そんな玉露のおいしい入れ方についてご説明します。

玉露のおいしい入れ方のコツ〜高級玉露と並玉露〜

玉露には、高級(上)と並の2タイプあり、それぞれおいしい入れ方が異なります。

 

ここでは、高級玉露と並玉露の「一煎目」をおいしく入れるコツをご紹介します。

 

高級玉露(3人分)の場合

 

茶葉の量10g

お湯の温度50度

浸出時間2分30秒

 

並玉露(3人分)の場合

 

茶葉の量10g

お湯の温度60度

浸出時間2分

 

ご覧の通り、高級玉露の方が並玉露と比べるとお湯の温度が高く、浸出時間が短いのが特徴です。

 

二煎目に関しては、高級玉露も並玉露も、茶葉が開いているため、浸出時間は30秒ほど待てば大丈夫です。

 

ですので、一煎目のみ入れ方に注意しましょう。

玉露のおいしい入れ方のコツ〜濃厚な口当たりを引き出すコツ〜

では、玉露のおいしい入れ方の手順をご紹介します。

 

玉露の入れ方の流れ

 

材料(1人分目安)

 

  • 玉露の茶葉:3g
  • お湯:20ml

 

※二煎目を飲む場合は、30〜40ml用意しましょう。

 

(1)計りを用意し、玉露の茶葉をきっちり3g計量します。

 

(2)「湯冷まし」を計りに乗せ、お湯の量も計測しておきます。

 

(3)「湯冷まし」に注いだお湯を茶碗へ注ぎ、温めます。

 

そして、お湯を再び「湯冷まし」に戻します。

 

温度計を取り出し、お湯の温度が50度になるまで、じっくり待ちます。

 

(4)計量しておいた玉露の茶葉を急須へ入れます。

 

より濃厚な旨味と甘みを感じたい場合は、少し茶葉を多めに入れると良いでしょう。

 

(5)湯冷まししたお湯を、静かに急須へ注ぎます。

 

その際、急須の縁を伝うようにそっと注ぐのがコツです。

 

(6)茶葉がひたひたの状態になったのを確認したら、茶葉がふわっと開くまで待ちます。

 

(7)茶碗を用意し、水色とお茶の量が均等になるように少しずつ注いで行きます。

 

玉露専用の茶碗の場合、1人15ml程度となります。

 

※最後の一滴まで、余さず注ぐようにしましょう。

 

玉露は、トロリとした甘みと濃厚な味わいが特徴の日本茶です。

 

渋みと苦み成分のカテキン類やカフェインをいかに浸出させないかがポイントとなりますので、お湯の温度と浸出時間には細心の注意を払いましょう。

 

また、玉露は動かすことで雑味が出る特性がありますので、出来る限り動かさないように静かに待ちましょう。

 

ちなみに、飲み方についても一言。

 

玉露はゴクゴクと飲むのではなく、少しずつ口に含み、舌の上で転がしながら旨味や甘みを堪能しましょう。

 

玉露は他の日本茶と比べるとお湯の量がとても少なく、お湯の温度も非常に低いのが特徴です。

 

玉露の茶葉は柔らかな新芽から作られています。

 

そのため、心行くまで玉露を愉しんだ後に、出る茶殻を調理したり、ポン酢や酢醤油をかけてそのまま召し上がっても良いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

煎茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「煎茶」の入れ方をご説明します。
ほうじ茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「ほうじ茶のおいしい入れ方」をご説明します。
抹茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「抹茶のおいしい点て方」をご説明します。
水出し茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「水出し茶のおいしい入れ方」をご説明します。
ドリップ
日本茶をドリップするという話が最近話題ですがご存知でしょうか?ここでは日本茶のドリップについてご説明しましょう。