日本茶の種類!茶葉の種類はいくつある?

一言で「日本茶」と言っても、その茶葉の種類はいろいろとあります。

 

日本茶の消費量の約7割を占める「煎茶」に始まり、高級茶の代名詞のような玉露、茶道に用いられる抹茶などなど・・・

 

それぞれの茶葉には、それぞれの魅力や特徴、また美味しさがあって、日本茶の楽しさを広げてくれます。

 

ここでは、そんな日本茶の代表的な「茶葉の種類」について書いて行きます。

日本茶の種類記事一覧

皆さんは、お茶というと「何茶」を思い浮かべますか?お茶と一口に言いましたが、どのくらい種類があるのでしょう。紅茶、中国茶もお茶に含まれますが、ここでは日本人の食生活には欠かせない日本茶についてご紹介します。最近はペットボトルのお茶といえど、クオリティーが高くおいしいお茶を飲むことができますし、ブレンド茶など種類もたくさん増えています。その中でも、みんなによく飲まれている大人気のお茶があるのなら、知...

日本茶にはいろいろな種類がありますが、その中でも一番なじみ深いお茶と言えば「煎茶」でしょう。煎茶とは、日本茶消費量のおよそ70%を占める代表的なお茶です。煎茶は、日本茶でも最も飲まれているお茶と言えるでしょう。ちなみに、煎茶の製法は、江戸時代の中頃に「永谷宗円」が宇治にて考案したものです。煎茶は、摘み取った茶葉をすぐに蒸して発酵を止めさせ、揉んで仕上げていくのです。ところで、そんな煎茶にもいろいろ...

今、国内に限らず、海外でも空前の抹茶ブームが巻き起こっています。ところで、なぜ、これほどまで「抹茶」に人気が集まっているのでしょうか?それは、最近の健康ブームによる影響が多いと思われます。抹茶には、テアニンやビタミン、食物繊維などがたっぷり含まれています。そのため、リラックス効果、抗ストレス作用、美肌&ダイエット効果、生活習慣病の予防など、30種を超える効果・効能があるのです。ここでは、そんな大注...

日本茶の種類の中の一つ「玉露」とは、一体どんなお茶なのでしょうか?玉露と言えば、最高級茶の代名詞のような存在として知られていますね。小説や漫画などにも良く登場しますよね。実は、玉露は、普通煎茶と同様の製法です。ところが、素材となる茶葉の栽培方法が特殊なため、独特な旨味と甘みを持っています。それでは、高級茶の代名詞「玉露」についてご説明して行きましょう。

かぶせ茶というお茶があることを知ってますか?日本茶の種類をあげようとした時に「かぶせ茶」が最初に出てくる人は少ないでしょう。また、名前は知っていても、玉露や煎茶との違いについて分かる人は、さらに少ないと思います。でも、本当は、かぶせ茶はもっと有名になってもいいのでは?と思うほど、魅力の多いお茶なんですよ。そこで、今回は、かぶせ茶とはどんなお茶なのか?また、かぶせ茶と似ているとされる玉露や煎茶との違...

日本茶の種類「番茶」とは、どんな特徴があるお茶なのでしょうか?番茶は、煎茶同様、古くから日本人に愛されているお茶の1つですよね。基本的に番茶は、煎茶と同じ製法ですが、原材料となる「茶葉」が異なります。番茶に使用される茶葉は、主に夏以降に収穫された「三番茶」や「四番茶」など、市場では規格外や低級品として扱われるものが多いです。若葉を原料とする煎茶とは異なり、渋み成分のタンニンが多く、苦み成分のカフェ...

ちょっと疲れた時やリラックスしたい時、温かいお茶を入れて一息入れたいですよね。そんな時、三年番茶は、お茶好きの人にも、普段あまりお茶を飲まない人にも、飲みやすくておすすめです。ところで、三年番茶ってなに?という方もいるかもしれませんね。一般的には番茶がよく知られていますが、三年番茶とはどんなお茶なのでしょうか?お子さんや妊婦の方でも飲めるお茶と言われる三年番茶。その成分や効能など、色々気になります...

良く耳にする日本茶の種類「ほうじ茶」とは、どんな特徴を持つお茶なのでしょうか?ほうじ茶は、北海道や東北地方では「番茶」と呼ばれています。ほうじ茶は、番茶や下級煎茶、茎茶などを強火で焙じ、香ばしい香りが漂うやや黒みを帯びた茶葉です。そのため、漢字で表すと「焙茶」となり、使用する茶葉の種類や炒り具合によって香りや味わいが大きく変化します。では、ほうじ茶の特徴をご説明して行きたいと思います。

日本茶の種類の一つ「玄米茶」とは、どんな特徴を持つお茶なのでしょうか?玄米茶とは、ポップコーンのように爆ぜた玄米を、炒った番茶や煎茶と1:1の割合でブレンドした日本茶のことです。最近の玄米茶には、様々なバリエーションがありますよね。食塩や抹茶などを加えたアレンジ玄米茶や、玄米の割合を変えて異なる味わいを出しているもの、焙じた玄米だけのものもあります。では、そんなバリエーション豊かな玄米茶の特徴や魅...

日本茶の種類の一つ「茎茶」とは、どんな特徴を持つお茶なのでしょうか?茎茶は、別名「棒茶」と呼ばれます。石川県や茶葉生産地周辺以外では、ほぼ見かけることがない非常にマイナーな茶葉です。茎茶は、チャノキから採れる若枝・茶葉の柄・新芽の柄の茎を混ぜ合わせたり、玉露や煎茶などを製造する工程ではじかれた茎の部分を用いて作られています。そのため、元の茶葉が上質な場合、茎茶も上質なものとなります。茎茶は、あまり...

日本茶の種類「芽茶」とは、どんな特徴を持つお茶なのでしょうか?芽茶とは、茎茶と同じく、荒茶の仕上げを行う際に「ふるい」から落ちる、非常に若い新芽や茶葉の切れ端を、かき集めて作られるお茶のことです。(新芽部分を摘み取って作られている日本茶だと勘違いされがちですが。)芽茶は、とてもリーズナブルな価格で販売されています。ところが、驚くことに一級品と同様の香りや味わいを持っています。玉露の芽茶ならば、玉露...

粉茶とは、どんなお茶なのかをご存知ですか?「え!お茶を粉にしたものでしょ?」という声が聞こえてきそうですね。ハイ、その通りです!・・・と言いたいところですが、ここが誤解を生んでしまう部分でもあります。「粉茶と粉末茶」実は、この2つを混同されている方は、とても多いんですよ。じゃあどこが違うのか?って、かなり気になるところですよね。では、早速ご説明しましょう。

ぐり茶という日本茶をご存知でしょうか?もしかすると「伊豆のお土産にぐり茶を買った」なんて方はいるかも知れません。「ぐり茶」という名前は、かなり特徴的ですよね。なので、このお茶の名前はすぐに覚えた!という方もいらっしゃることでしょう。ところで、ぐり茶ってどんなお茶なのでしょうか?名前の由来は?味の特徴は?などなど気になることが多いお茶ですよね。そこで、今回はそんな「ぐり茶」について、詳しくお伝えしま...

「大福茶」と見たら、何を思い浮かべますか?「おいしい大福とお茶!」と思った方、食いしん坊ですね。笑。(実は私も、初めて知った時、同じことを思いました!)これ、おおぶくちゃと読むお茶で、梅干しや昆布にお茶を注いで飲む、縁起の良いお茶なんですよ!大福でも、食べる大福ではなくて、縁起の良い“大きな福”というのを表すのですね。飲んだことがないと味の想像がつきにくいですが、しょっぱすっぱいお茶、という感じで...

突然ですが、あなたは碁石茶(ごいしちゃ)というお茶の存在を、知っていますか?このお茶は、高知県でしか生産されてなく、お店でもなかなか売られていないため、目にする機会が少ないかと思います。そのため、碁石茶は「幻のお茶」なんて呼ばれることもあります。近年、その健康効果の高さから、TVなどでも紹介され、とても注目を浴びてきているお茶なんですよ。今回は、そんな碁石茶とはどのようなお茶なのか、また効能や飲み...

さんぴん茶というお茶があることを知っていますか?あまりなじみがないお茶かもしれませんが、沖縄県では緑茶よりも飲まれる身近なお茶なのですよ。もしかしたら百貨店の「沖縄物産展」などで見たことがある人もいるかもしれませんね。「でも結局、さんぴん茶ってジャスミン茶の別名でしょ?」なんて思う方も多いかと思います。そこで今回は、さんぴん茶がジャスミン茶と同じなのかについて、また、カフェイン量や効能はどうなのか...

スポンサードリンク

スポンサードリンク