煎茶

煎茶について

煎茶は、日本茶の消費量のおよそ70%を占める、緑茶の代表とも言えるお茶です。

 

煎茶は、摘んだお茶をすぐに蒸すことで発酵を止めて、揉んで仕上げるという方法で作られます。

 

この製法は、江戸時代の中期に永谷宗円が京都の宇治にて考案したと伝えられています。

 

煎茶には、蒸し時間の短い(30秒)の普通煎茶や、蒸し時間の長い(1〜2分)の深蒸し煎茶などがあります。

 

それぞれの煎茶には、味や香り、茶葉の色合いにも特徴があり、日本茶愛好家たちを存分に楽しませてくれます。

 

ここでは、そんな煎茶についていろいろとご説明していきたいと思います。

煎茶記事一覧

煎茶と火入れの関係とは?

煎茶の「火入れ」という言葉をご存知でしょうか?煎茶などに代表される緑茶は、「火入れ」によって香りや味わいが大きく変化すると言われています。たとえば、ペットボトルのお茶ですが、サントリーでは季節によって煎茶の香りや味わいに変化を付けているそうです。そこから販売されているお茶「伊右衛門」のラベルには、大...

≫続きを読む

 

煎茶の「蒸し」とは?

煎茶を購入する際、パッケージに「蒸し」という言葉が付いているのをご存知ですか?深蒸し煎茶普通煎茶浅蒸し煎茶この「蒸し」という言葉にはどんな意味があるのだろうか?・・・という疑問をお持ちの方も多いかも知れませんね。日本茶の中で最もよく飲まれている煎茶は、蒸し時間によって、淹れたときの味や風味が大きく変...

≫続きを読む

 

煎茶の「荒茶」とは?

煎茶とは違って「荒茶」という言葉はあまり一般的ではないのかも知れません。ところで、もしも煎茶になる前の「荒茶」が販売されていたら、皆さんはどう感じますか?「特に何とも思わない」「さほど気にならない」「意味が分からない」という方も多いと思いますが、お茶を嗜んだことのある方ならば、是非とも飲んでみたいと...

≫続きを読む

 

煎茶の二番茶とは?一番茶とどう違うの?

「お客さんには二番茶ではなく一番茶を出すように」・・・というのは、昔から煎茶を出す際によく聞く会話のような気がします。ところで、この煎茶における一番茶と二番茶の違いをご存知ですか?「一番茶は1番初めに急須から淹れた煎茶のことでしょう?」「いやいや、一番茶や二番茶は茶葉のランクだよ」そんな風に思ってい...

≫続きを読む

 

煎茶の一文字盆とは?

煎茶を楽しむときに使う「一文字盆」という道具があることをご存知ない方は多いのかも知れません。「母の日に何が欲しい?」・・・とたずねたとき、「煎茶の一文字盆が欲しい」と、お母様から言われたことはありませんか。もしかすると、煎茶を楽しむのにお盆がいるの?と驚かれた方もいるかも知れませんね。実は、煎茶にも...

≫続きを読む

 

煎茶は汲み出しでおもてなし?

煎茶に使用する「汲み出し」という茶碗のことをご存知でしょうか?一般的にいうと、煎茶を飲むときには、湯呑みを使用しますよね。ただ、お友だちと煎茶を楽しむときや、お客さんをおもてなしするときは、普段の湯呑でないお茶碗を使うのもおススメです。「汲み出し」と呼ばれる茶碗のことです。皆さんのお家にはありますか...

≫続きを読む

 

煎茶と茎茶の違いを知っていますか?

日本茶には、煎茶に対して茎茶と呼ばれるお茶があります。ところで、煎茶と茎茶の違いをご存知でしょうか?煎茶や玉露を選別した際、はじかれてしまう部分があります。茎や細すぎる茶葉、粉のようになった部分がはじかれるのですが、これらを集めたお茶があります。茎茶もその中の一つで、その名のとおり茎の部分を集めたも...

≫続きを読む

 

煎茶の入れ方と作法って?

煎茶は、あまりにも一般的でどこの家にもあるものです。そのため、逆にキチンとした入れ方や作法については、なかなか知る機会が少ないと思います。煎茶はお客様のおもてなしはもちろん、食事のお供やリラックスタイムにぴったりですよね。ところで、煎茶は少し入れ方を気をつけるだけで、美味しさが違ってくることをご存知...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク