煎茶の一文字盆とは?

スポンサードリンク

煎茶の一文字盆について

煎茶を楽しむときに使う「一文字盆」という道具があることをご存知ない方は多いのかも知れません。

 

「母の日に何が欲しい?」

 

・・・とたずねたとき、「煎茶の一文字盆が欲しい」と、お母様から言われたことはありませんか。

 

もしかすると、煎茶を楽しむのにお盆がいるの?と驚かれた方もいるかも知れませんね。

 

実は、煎茶にも抹茶道と同じように「煎茶道」という茶道の一種があります。

 

その際に使用される細長いお盆のことを「一文字盆」と言います。

 

ここでは、煎茶を楽しむときに使われる「一文字盆」についてご説明します。

煎茶の一文字盆を使用する煎茶道とは?

煎茶の一文字盆は、煎茶道のときに使うことは前述しましたね。

 

では、一文字盆を使用する「煎茶道」とは、一体どんな作法なのでしょうか?

 

まず、煎茶が盛んになった時代ですが、江戸時代の中期頃と記録されています。

 

これは、抹茶文化が日本に定着してから約200年ほど経った頃のことです。

 

ご存知のように抹茶道は、作法そのものがとても厳格ですよね。

 

しかし、煎茶道とは、煎茶の香りや味わいを感じながら人との対話を楽しむことを目的とした茶道のことです。

 

ですから、たとえ作法がよく分からなくても恥ずかしがる必要はありません。

 

煎茶道は、誰でも気軽に楽しめるとして、ここ数年、幅広い世代の女性たちを中心に注目を集めています。

 

そんな煎茶道において、一文字盆は使用されるお盆だと覚えてくださいね。

 

では、「一文字盆」の特徴や使い方をご紹介しましょう。

煎茶の一文字盆の特徴や使い方は?

煎茶で使う一文字盆とは、漢数字の「一」のように細長いかたちをしたお盆のことです。

 

主に、一文字盆は、煎茶を運ぶ際に使用される煎茶道具です。

 

お盆の大きさは、小さな煎茶のお茶碗がぴったり5つ並ぶ1尺2寸 (36cm)が基本とされています。

 

これは、私たち日本人の体格に対して、お盆の持ちやすさや見栄えを考慮して導き出された寸法とされています。

 

ただ、現代の日本人は昔よりも体格が大きくなっていますよね。

 

ですから、最近ではちょっぴり大きめの一文字盆を販売している煎茶道具店も増えてきました。

 

煎茶道では、お盆を使用した点前が一般的です。

 

なので、基本的には「手前盆 (前盆)」や「三器盆」などが必要となります。

 

ただし、お運びが必要な場合もあると思いますので、「一文字盆」も合わせて用意しておくことをオススメします。

 

煎茶道では様々な用途に合わせてお盆を使い分けます。

 

そのため、煎茶を楽しむ際にお盆が欲しい場合、その用途キチンと確認してから購入するのがポイントとなります。

 

もしも、お母様が「一文字盆が欲しい」と言われたのであれば、どんなシーンでも活躍できる木地仕上げの飴色に輝く美しい肥松盆を贈るのがオススメです。

 

もちろん、拭き漆が塗られたもの、黒漆や朱漆で仕上げられたものなども見栄えが良いです。

 

いろいろな煎茶道具店を巡って、素敵な一文字盆を見つけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

火入れ
煎茶の製造する際、「火入れ」という工程があることをご存知でしょうか?ここでは、煎茶の火入れについてご説明します。
蒸し
煎茶の製造する際、「蒸し」という工程があることをご存知でしょうか?ここでは、煎茶の「蒸し」についてご説明します。
荒茶
煎茶とは違い、「荒茶」という言葉はあまり一般的ではないかも知れません。ここでは、煎茶と荒茶の違い等についてご説明します。
一番茶・二番茶
煎茶の一番茶、二番茶とはどういう意味を持つ言葉なのでしょうか?ここでは煎茶の一番茶、二番茶についてご説明します。
汲み出し
煎茶で使用する汲み出しをご存知でしょうか?ここでは、煎茶で使用されるお茶碗「汲み出し」についてご説明します。
茎茶との違い
煎茶と茎茶の違いご存知でしょうか?ここでは、煎茶と茎茶の違いについてご説明します。
入れ方・作法
煎茶の入れ方や作法をご存知でしょうか?煎茶はちょっとした入れ方や作法を知っているだけでお客様への印象が変わります。ここでは煎茶の入れ方や作法についてご説明します。