水出し茶のおいしい入れ方

スポンサードリンク

水出し茶のおいしい入れ方について

日本茶は爽快な香りと味わいが特徴の飲み物です。

 

そのため、うだるような暑さの夏場は日本茶をひんやり冷やして飲むものおすすめです。

 

冷えた日本茶は、すっきりした喉越しがクセになり、ついつい飲み過ぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

水出し茶は、日本茶の旨味を堪能することができる入れ方の1つです。

 

低温でじっくり入れるため、苦みや渋みを抑えることもできます。

 

現在は、冷茶専用の茶葉も多数販売されておりますので、迷うことはありません。

 

ただ、ご自宅にある茶葉で冷茶を作りたい場合は、浸出時間が短い「深蒸し煎茶」がオススメです。

 

また、水出し茶には「水出し法」「急冷法」「氷温法」の3つの入れ方がありますが、それぞれ香りや味わいが大きく異なります。

 

では、水出し法・急冷法・氷温法の3つの入れ方をご紹介しましょう。

水出し茶のおいしい入れ方〜水出し法〜

では、水出し茶のおいしい入れ方の1つ目「水出し法」をご紹介します。

 

【材料】

 

  • 冷茶専用のティーバッグ: 2つ
  • 冷水ポット:1リットル

 

(1)冷茶専用のティーバッグを2つ用意し、浸出時間の短い特蒸し茶や深蒸し煎茶を5gずつティーバッグに詰め込みます。

 

(2)水を煮立たせ、湯冷ましさせておいたお湯を用意します。

 

(3)冷水ポットに(1)のティーバッグを入れ、(2)を注ぎます。

 

(4)冷蔵庫で20分間眠らせ、ほどよい時間になったらティーバッグを取り出してギュッと絞り、取り出します。

 

(5)お好みのグラスに氷を入れ、お茶を注いだら完成です。

 

濃いめに作っておくことで、グラスに入れた氷が解けて程よい濃さになるため、使用する茶葉は味の濃い日本茶がオススメです。

 

また、水出し法で作ったお茶は1日ほどで飲み切るようにしましょう。

水出し茶のおいしい入れ方〜急冷法〜

水出し茶のおいしい入れ方の2つめは「急冷法」です。

 

【材料】

 

  • 急須:1つ
  • 茶葉:6g (1人分およそ3g)
  • 氷:適量

 

【事前準備】

 

※水を沸かし、70〜80度まで湯冷ましさせます。

 

(1)急須に人数分の茶葉を入れます。

 

※濃いめに入れた方がおいしいので、気持ち程度「茶葉」を増やしておくと良いでしょう。

 

(2)湯冷ましさせたお湯を急須に注ぎます。

 

(3)蓋をして、2分間放置します。

 

(4)耐熱用のグラスに氷をたっぷり入れ、最後の一滴まで余すことなくお茶を注いだら完成です。

 

急冷法では、水出し法同様、濃いめに入れることで氷が解けても薄くならず、キレのあるスッキリとした喉越しとしっかりした味わいが愉しめるのが特徴です。

 

水出し法とは異なり、飲みたい量だけ入れられるため、いつでも気軽に冷茶が飲めるのがポイントです。

水出し茶のおいしい入れ方〜氷温法〜

水出しのおいしい入れ方の3つめは「氷温法」です。

 

【材料】

 

  • 急須もしくは湯冷まし
  • 茶葉:6g
  • 氷:適量

 

(1)急須に茶葉を入れます。

 

(2)茶葉の上に氷をごろごろと乗せます。

 

(3)少量の水を氷の上から注ぎ、じっくりと氷が解けるのを待ちます。

 

(4)氷が解けたらグラスに注いで完成です。

 

氷温法の特徴は、氷の解ける水でじっくり浸出させて入れるため、とても旨味の濃い冷茶を作ることができます。

 

玉露や上級煎茶で冷茶を入れたい場合は、水出し法や急冷法ではなく、氷温法で入れることをオススメします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

煎茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「煎茶」の入れ方をご説明します。
玉露
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「玉露」の入れ方をご説明します。
ほうじ茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「ほうじ茶のおいしい入れ方」をご説明します。
抹茶
日本茶には様々な種類があり、それぞれに適した入れ方があります。ここでは「抹茶のおいしい点て方」をご説明します。
ドリップ
日本茶をドリップするという話が最近話題ですがご存知でしょうか?ここでは日本茶のドリップについてご説明しましょう。