煎茶は妊婦が飲んでも大丈夫?

スポンサードリンク

煎茶は妊婦が飲んでも大丈夫なのか?

妊婦さんの中には、煎茶を飲んでも良いのかどうなのかを気にする方もいらっしゃると思います。

 

実際、煎茶は日常的に飲まれているお茶ですよね。

 

なので、妊娠したからと言って、急にやめられないという方も多いのではないでしょうか?

 

でも、妊婦さんとしては、妊娠中に煎茶を飲んでもいいかどうかは気になるところです。

 

ここでは、妊婦さんが煎茶を飲むことについてご説明したいと思います。

煎茶は妊婦にどんな影響があるの?

煎茶は妊婦さんの身体に対して、どんな影響があるのでしょうか?

 

まず、妊婦さんが煎茶を飲むことを躊躇する理由は、言うまでもなく胎児や健康に影響はないのかと心配になるからでしょう。

 

実際、妊娠すると摂取してはいけないもの、摂取しない方がいないものが多々あるので気になるところです。。

 

では、煎茶は成分的に妊婦にとってどうなのか?

 

結論から申し上げると、煎茶は妊婦にとってあまり好ましい飲み物とは言えません。

 

なぜなら、煎茶に多く含まれる渋みや苦味の成分であるカフェインや、タンニンが悪影響を与える可能性があるからです。

 

まず、カフェインはの吸収を阻害してしまうので注意が必要です。

 

妊婦さんはお腹の赤ちゃんにも血液が必要になるので、特に貧血になりやすいです。

 

そのため、鉄分鉄分不足を引き起こしやすい煎茶は、あまり好ましくないのです。

 

また、カフェインを大量に摂取することで肝機能低下や高血圧、胎児の発育阻害、流産といったリスクがあると言われています。

 

必ずそうなるというわけではありませんが、リスクがある以上は避けたいところですよね。

 

煎茶にはタンニン含まれますが、これも鉄分の吸収を阻害する働きがあるので注意が必要です。

煎茶以外で妊婦にオススメしたいお茶とは?

煎茶は、妊婦にとって若干リスクがある飲み物ということになりますが、いきなり生活習慣を変えるのは難しいかも知れません。

 

特に、煎茶がもともと大好きという妊婦さんにとっては、結構つらい部分ですよね。

 

では、妊婦さんは煎茶を直ぐにやめなきゃいけないのでしょうか?

 

確かに煎茶にはカフェインやタンニンが含まれますが、少量ならば妊婦さんでも大丈夫です。

 

日本ではカフェインの摂取基準は設けられていないものの、諸外国のデータを参考にすると妊婦の摂取量は健康な成人の約半分とのことです。

 

計算すると、一日で1〜2杯は飲んでも大丈夫だと考えられます。

 

しかし、玉露や抹茶など新芽を使ったお茶ほどカフェインの量が増えるので注意してください。

 

それでも気になるという方は、カフェインが少ない麦茶やルイボスティー、タンポポ茶などを合わせて飲むのもよいでしょう。

 

これらは同じくカフェインの摂取を控えたい子供にもオススメなので、出産してから授乳中や子育て中まで長く飲み続けられます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

クロロフィル
煎茶などの日本茶に含まれるクロロフィルという成分をご存知でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶に含まれるクロロフィルについてご説明します。
サポニン
日本茶に含まれるサポニンという成分をご存知でしょうか?ここでは日本茶に含まれるサポニンについてご説明します。
風邪
煎茶などの日本茶が風邪に効果的だという話は本当でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶が風邪予防に良いのかどうなのかについてご説明します。
むくみ
煎茶などの日本茶がむくみに効果的だという話は本当でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶がむくみ改善に良いのかどうなのかについてご説明します。
睡眠
煎茶などの日本茶が睡眠に効果的だという話は本当でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶が睡眠に良いのかどうなのかについてご説明します。
花粉症
番茶が花粉症の改善に効果的だという話がありますがホントでしょうか?ここでは、番茶と花粉症との関係についてご説明します。
アトピー
番茶がアトピーの改善に効果的だという話がありますがホントでしょうか?ここでは、番茶とアトピーとの関係についてご説明します。