日本茶にサポニンが含まれてるの?

スポンサードリンク

日本茶にサポニンが含まれていることをご存知ですか?

日本茶の栄養分として、サポニンが含まれていることをご存知でしょうか?

 

サポニンとは、ラテン語の「泡立つ(サポ)」という言葉が語源になった、体にいい影響を与えてくれる水溶性の物質です。

 

日本茶のペットボトルを振ったり落としたりした時、表面に無害な「白い泡」が出来ますね。

 

実は、それが日本茶にサポニンが入ってる証拠です。

 

ここでは、日本茶に含まれるサポニンについてご説明します。

日本茶のサポニンって、どんな栄養素?

日本茶に含まれるサポニンとは、どのような栄養素なのでしょうか?

 

実は、サポニンは日本茶に限らずいろいろな食材に含まれていて、種類もそれだけ沢山あります。

 

たとえば、滋養強壮などに有効とされる高麗人参には、部分ごとにそれぞれ少しずつ成分の違うサポニンが入っています。

 

また、和食に欠かせない大豆にも「大豆サポニン」が入っています。

 

そして、日本茶には、「茶サポニン」という成分が茶葉のおよそ0.2%ほど入っています。

 

緑茶の苦味や茶筅で抹茶を攪拌したときに出来る泡は、「茶サポニン」が入っているから生まれていると言われています。

 

茶道をされる方は、ぜひご自身の目で確認しながらサポニンの存在を感じて見てくださいね。

日本茶のサポニンの効果・効能は?

では、日本茶のサポニンには、どんな効果・効能があるのでしょうか?

 

日本茶に含まれるサポニンの一番大きい効果は、痩身効果と抗アレルギー効果と言われています。

 

まず、茶サポニンにはカラダの余分な脂肪を落として、脂肪の吸収を抑制してくれるという働きがあるからです。

 

もちろん、日本茶に含まれる茶サポニンは量が少ないものです。

 

なので、効果も大きいとは言えませんが、肥満予防や生活習慣病を改善する飲料としても最適と、最近注目されています。

 

日本茶のサポニンは、入っている量自体が少ないので、緩やかに体質改善を行うことが出来ます。

 

逆に言えば、急激な変化を起こして体に負担をかけることがないので、体の弱い方など、大きな体調変化が苦手な方でも飲むことが出来ますよ。

 

また、日本茶の茶サポニンには抗炎症効果や抗菌作用、抗アレルギー効果、血圧上昇抑制効果もあるとされています。

 

そのため、免疫の低下や血圧などが心配になって来た方にもオススメです。

 

ちなみに「サポニン」という物質自体は苦味が強く、他の食材では量を取りたい時には大変です。

 

でも、普段のお茶の時間に日本茶を取り入れるぐらいであれば、気軽に習慣に出来そうですよね。

 

健康が気になる方だけでなく、自然に体重を減らしたい方にも日本茶の茶サポニンはオススメです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

クロロフィル
煎茶などの日本茶に含まれるクロロフィルという成分をご存知でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶に含まれるクロロフィルについてご説明します。
風邪
煎茶などの日本茶が風邪に効果的だという話は本当でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶が風邪予防に良いのかどうなのかについてご説明します。
むくみ
煎茶などの日本茶がむくみに効果的だという話は本当でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶がむくみ改善に良いのかどうなのかについてご説明します。
睡眠
煎茶などの日本茶が睡眠に効果的だという話は本当でしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶が睡眠に良いのかどうなのかについてご説明します。
妊婦
煎茶などの日本茶は妊婦さんが飲むのに問題はないのでしょうか?ここでは、煎茶などの日本茶と妊婦さんの関係についてご説明します。
花粉症
番茶が花粉症の改善に効果的だという話がありますがホントでしょうか?ここでは、番茶と花粉症との関係についてご説明します。
アトピー
番茶がアトピーの改善に効果的だという話がありますがホントでしょうか?ここでは、番茶とアトピーとの関係についてご説明します。