番茶は結石の人の水分補給にオススメなの?

番茶は、結石の方が水分補給するのにもおススメしたい飲み物です。

 

たとえば、体の中に石ができてしまい激痛に悩まされることになる「結石症」。

 

石が出来る部位は、尿路や胆道などな様々ですが、その原因の多くは食生活にあると言われています。

 

さらに再発することも多い病気なので、一度治ってからも注意が必要な病気の一つと言えるでしょう。

 

ここでは、番茶がなぜ結石の人におススメなのかについてご説明します。

番茶が結石の人の飲み物としておススメな理由は?

番茶が結石の人の飲み物としておススメな理由は、どこにあるのでしょうか?

 

結石が再発するということは前述しましたが、それを防ぐには、食生活に気をつけるのと同様に「水分補給」に注意することもとても重要です。

 

結石を防ぐには、一日に2Lの尿量が必要だと言われています。

 

なので、当然ながらそれ以上の水分を取る必要があります。

 

結石のためには「水」がおススメなのですが、味のない水をたくさん飲むのは苦痛だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、緑茶やコーヒー、甘いジュースは結石には厳禁です。

 

なぜなら、緑茶には結石の形成に関係するシュウ酸が含まれています。

 

コーヒーには利尿作用があり、尿酸を輩出してしまうので再発の原因になりかねません。

 

また、甘いジュースは結石ができやすくなる「尿中カルシウム濃度」が上がってしまうのでおすすめできないのです。

 

その点、番茶はそんなことがありませんし、苦味のある味わいとスッキリとした飲み心地が水分補給にピッタリです。

 

番茶は食事にも合わせやすいので一日中、いつでも重宝する飲み物と言えるでしょう。

番茶で結石を予防できる食生活にしませんか?

 

結石を防ぐには、食生活が大切になってきます。

 

カルシウムを取ること、水分をとること、シュウ酸をとりすぎないことが重要です。

 

また、動物性のタンパク質や脂肪も取りすぎに注意しなければいけません。

 

なので、牛乳などの乳製品も注意したほうがいいでしょう。

 

これらに注意しつつ、バランスのよい食事を心がけるのが一番の予防法なのです、。

 

ところが、それまでの食生活を変えること自体はとても大変なことです。

 

多くの方が、生活習慣病に悩まされるのは、原因となる生活習慣を変えられないがためとも言えるでしょう。

 

全部を一度に変えるのは難しいので、まずは番茶を取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

結石の予防には水分補給も重要な要素のひとつです。

 

尿量が1L以下になると結石ができやすいという言われているので、意識して大量の水分を取る必要があります。

 

番茶はカテキンの含有量も豊富で、水分補給のためだけではなく脂肪燃焼効果も期待できます。

 

そしてカフェインが少ない番茶は夜の寝る前に飲んでも安心。

 

ちょこちょこと水分補給する必要がある結石の予防には番茶は打って付けの飲み物と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク