煎茶の「めいりょく」とは?

スポンサードリンク

煎茶の「めいりょく」について

煎茶などに加工される「めいりょく」というチャノキのことをご存知でしょうか?

 

煎茶の元となるチャノキには、実にいろいろな品種がありますが、「めいりょく」もその一つです。

 

「めいりょく」は、静岡県は金谷市という場所にある農水省茶業試験場にて誕生しました。

 

めいりょくは「やぶきた」を母、「やまとみどり」を父にもつ品種で中生です。

 

ここでは、煎茶等に加工されるチャノキ「めいりょく」についてご説明します。

煎茶の「めいりょく」は、どんな品種?

煎茶等に加工される「めいりょく」というチャノキは、一体どのような品種なのでしょうか?

 

めいりょくは、とにかく生育旺盛なチャノキです。

 

生育過程において、枝の分かれる数も多く、安定して多くの収穫が見込めます。

 

また、寒さや病気にも強く、生産者としては扱いやすい品種が「めいりょく」といえるでしょう。

 

さらに、寒さだけでなく干ばつなどのストレスにも強く、丈夫なチャノキなので広い地域で栽培されています。

 

ただし、めいりょくは「裂傷型の凍害」にはやや弱いので、冬場には注意が必要となります。

 

煎茶のめいりょくは、誕生した静岡をはじめ、四国や沖縄でも栽培されています。

 

基準としては、標高700m以上の標高の高い地域での栽培が適していると言われています。

 

日本の栽培シェアでは1位を誇る「やぶきた」は中山間地域での栽培が適しているので、「めいりょく」は住み分けが可能な品種と言えるでしょう。

 

ただ、めいりょくの生育には肥料がたくさん必要になることが特徴の一つでもあります。

 

そのため、少ない肥料しか与えずに栽培してしまうと味や色味が弱くなってしまうこともあるのです。

 

煎茶等の原料となる「めいりょく」は、手間がかからず育てやすい反面、しっかりとした投資が必要なチャノキと言えるでしょう。

 

ちなみに「めいりょく」という名前の由来は、明るい緑色の見た目からつけられたもので、その色は飲む前から視覚から癒しを与えてくれます。

煎茶の「めいりょく」の魅力とは?

「めいりょく」から作られる煎茶は、どのような味わいなのでしょうか?

 

めいりょくの煎茶は、開発された当時は「旨みが少なくて味も薄い」という低評価でした。

 

しかし、現代では、クセがなくてスッキリ飲めると評価が逆転しました。

 

現在、柔らかい甘味と清涼感のある飲み口で、煎茶の「めいりょく」は人気を博しています。

 

めいりょくの煎茶は、もともとクセが少ないので、濃い目に入れても美味しく飲むことができます。

 

また、めいりょくは、かぶせ茶で栽培している所もあり、その場合は最大の特徴である色味がアップするという利点があります。

 

より鮮やかな色味を楽しみたい方は是非、かぶせ茶で栽培された「めいりょく」をお試し下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

やぶきた
おいしい日本茶を入れるためにチャノキの品種に目を向けることもおススメです。ここでは日本茶の代表的な品種「やぶきた」についてご説明します。
さえみどり
おいしい日本茶を入れるためにチャノキの品種に目を向けることもおススメです。ここでは日本茶の代表的な品種「さえみどり」についてご説明します。
ゆたかみどり
おいしい日本茶を入れるためにチャノキの品種に目を向けることもおススメです。ここでは日本茶の代表的な品種「ゆたかみどり」についてご説明します。
あさひ
おいしい日本茶を入れるためにチャノキの品種に目を向けることもおススメです。ここでは日本茶の代表的な品種「あさひ」についてご説明します。
かなやみどり
おいしい日本茶を入れるためにチャノキの品種に目を向けることもおススメです。ここでは日本茶の代表的な品種「かなやみどり」についてご説明します。
ふうしゅん
おいしい日本茶を入れるためにチャノキの品種に目を向けることもおススメです。ここでは日本茶の代表的な品種「ふうしゅん」についてご説明します。
あさつゆ
あさつゆという日本茶の品種があります。あさつゆは天然玉露とも呼ばれるチャノキです。ここでは、日本茶の品種の一つ「あさつゆ」についてご説明します。
そうふう(蒼風)
煎茶の元となるチャノキに「そうふう(蒼風)」という品種があります。ここでは煎茶のチャノキ「そうふう(蒼風)」についてご説明します。
はるみどり
煎茶の元となるチャノキに「はるみどり」という品種があります。ここでは煎茶のチャノキ「はるみどり」についてご説明します。
さやまかおり
煎茶の元となるチャノキに「さやまかおり」という品種があります。ここでは煎茶のチャノキ「さやまかおり」についてご説明します。
おくみどり
煎茶の元となるチャノキに「おくみどりという品種があります。ここでは煎茶のチャノキ「おくみどり」についてご説明します。
香駿(こうしゅん)
日本茶のチャノキに「香駿(こうしゅん)」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「香駿(こうしゅん)」についてご説明します。
べにふうき
日本茶のチャノキに「べにふうき」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「べにふうき」についてご説明します。
つゆひかり
日本茶のチャノキに「つゆひかり」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「つゆひかり」についてご説明します。
こまかげ
日本茶のチャノキに「こまかげ」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「こまかげ」についてご説明します。
たかちほ
日本茶のチャノキに「たかちほ」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「たかちほ」についてご説明します。
藤かおり
日本茶のチャノキに「藤かおり」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「藤かおり」についてご説明します。
やまかい
日本茶のチャノキに「やまかい」という品種があります。ここでは日本茶のチャノキ「やまかい」についてご説明します。